「準備」で差が出る?家の相続

通常の“6倍”=空き家の固定資産税

家の維持費の全国平均は年間約40万円。

さらに人の住んでいない家の固定資産税は法律で通常の6倍になるのはご存知でしょうか。

実家の相続時に個人、複数人で話し合いを持たれる時点で、実家の価値や固定資産税等を把握しておくことは、円満に相続を進めるための1つの方法といえるかもしれません。

→ とりあえず実家の価値を調べてみる

価値がわかっていれば「相続放棄」という手段も

相続するものの中でも比較的金額が大きくなりやすい不動産ですが、逆に相続をしたあとに価値を調べてみたら、売れるほどのものでもない・・・というケースがあります。

相続前に準備をして価値を知っていれば、相続放棄をすることも可能ですが、知らずに相続をしてしまい途方に暮れるというのは実際に起こり得ることです。

事前に価値を把握しておくことで、していないことによる相続一択にならずにすみ、相続もしくは相続放棄、相続前の売却も視野にいれることが可能になります。

その査定も、1社だけでなく複数の会社から出される価格が把握できれば、安く買い叩かれる心配もありません。

「家の値段、その最高値金額を知っておく」という行動だけで、選択肢を1つから複数に増やせ、円満な相続につなげられる可能性も広げられます。

短時間で不動産の価値を知ることが可能です

→ 短時間で不動産の価値を知ることが可能です

「全国対応」調査は短時間、無料でおこなえます

「全国対応」調査は短時間、無料でおこなえます

実家の価値を調べるにはしっかりとした情報量を持ったサービスの活用がおすすめです。

インターネット上から短時間の申込みで複数社の情報を得られるため、時間的身体的なコストも軽減することができます。

その他も含めてメリットをあげると

といった点です。

また、

査定の申込みをする = 売却

ということはありません。

相続前後のトラブルの回避、円満な相続のための準備として不動産の価値を把握してください。

一括査定でまずは価値を把握

→ 1分の入力で不動産の価値を確認できるサービスはこちら