夫に内緒で離婚の準備

もう後悔しない!夫に内緒で離婚の準備、有利に進めるためには?

「もう顔も見たくない!すぐに離婚したいけど大丈夫?」
「早く旦那と離婚したいんだけど、まず何から準備すればいいの?」
「絶対に後悔したくないから、できるだけ夫よりも有利に離婚を進めたい」

旦那にストレスを感じて早く離婚したいと思うと、すぐに家を出ようと計画している人もいると思います。

しかし、早く旦那さんと別れたい気持ちはよく分かりますが、よく考えもせずに家を出てしまうと、離婚の準備不足で想像以上の大失敗をしてしまう可能性があるんです。

そこで、この記事では離婚の準備で絶対後悔しないように、夫に内緒で進めておくべき離婚の準備についてまとめました。

この記事を読めば、離婚をする前にまず何をすればよいのかが分かります。
夫よりも有利に離婚の準備を進めて、理想の生活を送りましょう。

離婚後の生活でかかるお金をシミュレーションしよう

離婚後のお金をシミュレーションしよう

まずは、離婚後の生活に必要なお金について考えてみましょう。
一度離婚してしまったら、生活費を夫が支払う義務はありません。

すぐに離婚しても当面の生活費に困らないか、考えられる支出を挙げてみましょう。

また、貯金があるから大丈夫だと思っている人も、ちょっと待ってください。
実は、離婚する際に想定外の出費が出る可能性もあるんです。

とくに共有財産には、注意しましょう。

たとえ夫名義の借金であっても、夫婦の共同生活のために負った借金であれば、あなたも返済に協力しないといけない可能性があります。

ほかにも住宅ローンなどの負債がある場合は、基本的に夫婦で平等に返済しないといけません。

共有財産については、「知らないと損する!?共有財産の把握について」の章で詳しく解説していますので、チェックしてみてください。

では、まず離婚するにあたって必要となりうる費用を見ていきましょう。

離婚時にかかるおもな費用

・離婚にかかる費用(調停や裁判、弁護士の依頼料)

・新居に引っ越す場合の費用(敷金・礼金・前家賃・保険料など)

・引越し代金

・生活用品の購入代金

・仕事探しに伴う費用(スーツやバッグ、交通費など)

・子供の転園や天候でかかる費用(新しい学校の制服や学用品。入園料など)

共有財産(住宅ローンや借金など)

離婚後の生活費にかかるおもな費用

・住居費(家賃や管理費など)

・食費や日用品代

・携帯の通信費

・教育費

・医療費

・保険料

・雑費(被服費、交際費、美容院代、交通費など)

離婚時にかかる引越し費用などを考えると、最低でも100万円くらいの貯金が必要と言われています。

お子さんがいるなら教育費や食費などもプラスされるため、200万円以上のお金を貯めておく必要があるかもしれません。

ここまで聞いて、そんなまとまったお金がないと困ってしまった方もいると思います。

そんな貯金が難しい方には、共有財産について前もって知っておくと、夫に請求できるお金が確認できるので、おすすめです。

また、共有財産は事前に確認しておかないと、思わぬ負債を抱え込んでしまう可能性もあるため、貯金に余裕がある場合もチェックしておきましょう。

知らないと損する!?共有財産の把握について

知らないと損する共有財産について把握しよう

共有財産とは、名義に関係なく結婚している間に購入したものや貯金、不動産など、夫婦が所有する財産を指します。

たとえば、下記のようなものです。

プラスの資産マイナスの資産
・現金/預貯金
・不動産(土地や建物)
・株式や国債などの有価証券
・会員権
・美術品や骨董品
・貴金属や装飾品
・家財道具や電化製品
・退職金や年金
・自動車
・借金
・住宅ローンなどの負債

そして離婚する際は、上記のような共有財産を原則として半分ずつ分けます。

夫が貯めているお金や有価証券なども、半分に分けられるので事前にいくらお金が得られそうか確認しておきましょう。

注意点としては、マイナスの資産であるローンや借金なども半分ずつに分けなくてはいけない点です。

もしマイナスの資産がプラスの資産を上回ったら、あなたも負債を支払わなくてはいけない可能性があります。

たとえば、

・夫婦の貯金総額(プラスの資産):500万円
・住宅ローン(マイナスの資産):1,000万円

となっている場合、負債が500万円残るため、夫もあなたも250万円ずつ返済しないといけないわけです。

だからこそ、負債を減らしてプラスの資産を増やすために、少しでも不動産の売却額を高くしないといけません。

自宅を売らないで住み続けることを考えている人も、事前に家の売却額は知っておいた方が得するので、理由を知りたい人は「自宅を売らない場合も、売却額は知っておくべき?」の章を確認してください。

一括査定したら自宅が500万円も高く売れた!?

不動産の一括査定すると500万円以上も差が出ることもある

共有財産の中で住宅ローンなどのマイナスの資産がプラスの資産を上回ると、負債を返済しないといけないことはこれまでにお伝えしてきました。

では、ここからは負債を減らすために、何をすればよいのかお伝えしていきます。
答えは、ズバリ「不動産の一括査定」です。

自宅の売却額をアップするためには、複数の不動産会社から見積もりを取るのが1番確実な方法になります。

実際に、複数の不動産会社に見積もりを出すことで、500万円も高く自宅を売れた事例も出てきました。

でも、1社1社に家の査定を頼むのは大変ですよね。
そこでおすすめなのが、ネットで一括査定ができる「イエウール」です。

ネットの一括査定なら「イエウール」がおすすめ

ネットの査定(机上査定)だけなら、家に訪問されることはありません。
誰にもバレずに査定できるので、夫に内緒で離婚の準備を進めたいあなたにも安心のサービスです。

提携している不動産会社の数も1600社と業界No.1。
運営会社も上場しており、利用者も1,000万人を超えているので信頼できます。

査定はスマホで簡単にできますし、完全に無料なので、夫よりも有利に離婚を進めたいのなら、今すぐ自宅の価値をを確認してみましょう。

\60秒の査定で自宅の価値がわかる/

自宅の売却額を増やせるか査定してみる

自宅を売らない場合も、売却額は知っておくべき?

自宅を売却しない場合は査定しなくてよいのか

離婚しても自宅を売らずに、どちらかが住み続けることを考えている人もいるでしょうか?

自宅を売らないなら、売却額を知る必要はないと考えているかもしれませんが、そんなことはありません。

自宅を売らない場合も、売却価格は絶対に知っておくべきです。
なぜなら、離婚する前にあなたがもらえるお金を増やせる可能性があるからです。

家を売らなくても、利益が出るならお金はもらえる

たとえば、夫が自宅に住み続ける場合、自宅の売却額が住宅ローンを上回っていれば、その利益の半分を妻であるあなたはもらえる権利があります。

具体的に説明すると、

・自宅の売却額:1,000万円
・住宅ローン:700万円

この場合、家を売れば300万円の利益が本来でるため、夫が自宅に住むなら妻に150万円を渡す必要があるわけです。

ですが、事前に自分で家の価値を査定せずに夫に任せてしまうと、嘘をつかれてお金をもらえない可能性もあります。

夫
自宅の売却額を査定したけど、住宅ローンの残りが多くて利益が出なかったよ
本当は300万円くらい利益が出たけど、黙っておこう

査定額を騙されないためにも、早めに自宅の価値は確認しておきましょう。

夫にバレずに自宅の売却額を知りたいなら、ネットで一括査定できる「イエウール」がおすすめです。

完全無料ですし、スマホで簡単に査定できるので、今すぐ確認してみましょう。

\60秒の査定で自宅の価値がわかる/

夫よりも早く自宅の売却額を確認する